親族中心で行う20~30名様の進行サンプル (前編)

親族中心で行う20~30名様の進行サンプル  (前編)

御婚礼のイメージがわきますよう、庭のホテル 東京の結婚式で、過去に多かったご希望をもとに
進行内容のサンプルをご紹介します。

新郎新婦のご希望

  • 結婚式を挙げるつもりはなかったのですが、親御様からの意見もあって、ご親族への報告・お披露目の会を設けたい。
  • 新郎は、人前で話すのはあまり得意ではないで、極力話す場面を少なくしたい
  • 和やかな雰囲気でご親族に食事を楽しんで頂く事をメインにしつつ、間延びしないようにしたい

入場前

 


会場入口に新郎新婦の小さな頃からの写真を飾ったり、当時のエピソードなども書かれた思い出アルバムなどをご覧頂けるようにして置かれると、ご列席の方々の会話が弾み、和やかな雰囲気で二人の入場をお待ちくださいます。

入場


 

自然光の入るあたたかな雰囲気の中での入場が可能です。

あえて入場シーンは作らずに、ゲストと同じタイミングで新郎新婦が着席されて、スタートすることもできます。

会場の装花は、オリジナルデザインでご用意しています。
ナチュラルモダンな雰囲気が人気です。

ウェルカムスピーチ・乾杯

 

お二人からの『これまでありがとうございます。そして今日は楽しんでいって下さい。』という一言をここで。
お話がお得意でない場合は、新郎新婦で一言ずつ。または司会へお任せ頂き、お二人の想いをご紹介する事も出来ます。

乾杯へ続く晴やかなワンシーンを。
ご家族でご一緒に乾杯用のシャンパンを抜栓するのもおすすめです。

乾杯は、ご披露宴の中で、ここはどなたかにご発声を頂きましょう。
お招きのご親族を代表する方にお願いするのが一般的です。

続き、( 中編はこちら )