国際結婚カップルの進行サンプル(中編)

国際結婚カップルの進行サンプル(中編)

進行内容

最近、国際結婚の方が増えてきました。
御婚礼のイメージがわきますよう、庭のホテル 東京のウェディングのご参考に
過去に多かったご希望をもとに進行内容のサンプルをご紹介します。

<  前編はこちらから、後編はこちらからご覧ください  >

 

入場シーン

おすすめはバイリンガル司会者

パーティーの具体的なプランニングと当日の進行については、英語が堪能なバイリンガル司会者をご依頼頂けます。
お二人が主体となって、あたたかな雰囲気でパーティーを進めていきたい場合も、バイリンガル司会者がいる事で、事前の準備でのアドバイスはもちろんのこと、当日も全ての場面でゲスト全員が楽しめるパーティーになっていきますのでぜひご検討下さい。

バイリンガル司会者を立てない場合

バイリンガル司会者を依頼しない場合は、シーン毎にゲストで英語が堪能な方や時にはお二人が通訳をしながらパーティーを進める必要があるでしょう。とはいえ、入場のシーンは新郎新婦が通訳を入れる事はできないので、その場合はオープニングムービーで日本語・英語ともに入場の案内を入れるのもおススメです。
この場合、プランナーとともに進行内容や通訳の御案内タイミングを決めていきます。

ウェルカムスピーチ

新郎もしくは、新郎新婦からのウェルカムスピーチ。
ここは、日本語・英語t等ともにスピーチを入れましょう。
また、それぞれパートナー側の皆様へお気持ちを伝えることもおすすめです。
一言でもいいので、お相手の国の言葉も勉強してぜひ取り入れてみて下さい。

鏡開き

日本らしいセレモニーとして、樽酒を開く「鏡開き」が人気。
和装ではなく洋装でも鏡開きは、モダンで素敵です。

木づちを持つのは新郎新婦だけではなく、両家のご家族にも登場されるのもおすすめです。
海外からいらしたご家族にもスポットが当たり、とてもあたたかな雰囲気になります。

鏡開きには、お二人の未来を大きく開く(広げる)といった意味や日本らしい由来があります。
司会者から日本語と英語等でご紹介をお入れしたり、
バイリンガル司会が入らない場合は、お席に用意したタイムスケジュールに説明を添えるのもおすすめです。

意味がわかると、より一層心に残るシーンとなることでしょう。

祝辞・乾杯

ご挨拶は、主賓や親族代表者など 御列席者の構成によって決まってきます。
また、ご来賓の祝辞を立てない場合も、乾杯のご発声者は必要です。

ご挨拶をされる方が、2か国語を交えてお話しできるとしたら問題ないのですが
もし、日本語のみまたは英語等のみでの乾杯挨拶になる場合は、以下の方法がおすすめです。

同時通訳を行う

バイリンガル司会者またはご列席者による同時通訳。
通訳を入れるタイミングとしては、長すぎず短すぎないように。
センテンス毎に行うと聞く方もわかりやすいでしょう。

紙で翻訳した内容をお配りする

予め準備が必要となりますが、紙で翻訳した内容を印刷して配布。
スピーチの方には、余裕を持って依頼をする必要があります。

スクリーンで翻訳内容を上映する

同様に、予め準備が必要となりますが、翻訳した内容をスクリーンで上映。
この場合、センテンス毎に映し出すとわかりやすいでしょう。
全てのお席で文字が見えるように、事前に映し出される文字の大きさを確認することも大切です。

お食事スタート

お料理

日本料理をゆっくりご堪能下さい。
様々な理由(文化、宗教上など)でお召し上がりになれない食材は、念入りに事前のご確認が必要です。
日本ではおめでたいとされる『尾頭付き』の魚料理も国よっては好まれない場合も。

お飲物

それぞれの国のお飲み物(ご出身地のワイン等)をご用意するのもおすすめです。
会話は広がり楽しいひとときとなります。

御献立 メニュー

また、お料理とお料理のメニューは、日本語もしくは英語表記をご用意しています。
外国の方に馴染みのない食材については、補足説明もお入れしておくのがおすすめです。
より一層楽しく、そして安心してお召し上がり頂けることとと思います。

最近は、外国の方でも器用に箸を使う方が増えてきました。
予め確認させていただいたおりますが、
箸が使えない場合、木のフォークを添えることも可能でございます。

快適にお食事を楽しんでいただけますよう、
上記以外でもご希望を伺いながら、お好みに応じたお料理やお飲物をご用意しています。

<  前編はこちらから、後編はこちらからご覧ください  >