錦宝華(塩瀬総本家)_ 五色に想いを込めて!

塩瀬総本家の「錦宝華」をウェディングケーキの代わりの演出に!
もちろん、引出物にもご利用いただけます。
五色の薯蕷饅頭に意味があり、幸せへの祈りが込められています。

goshiki

◇商品説明
錦宝華(きんぽうか) 塩瀬総本家

錦とは様々な色糸を用いて織り出された絹織物のこと。
この「錦宝華」もいろいろな色のお饅頭で華やかに仕上げました。

白(こしあん)、緑(つぶあん)、ピンク(白あん)、黄(抹茶あん)、青(三重あん)写真参照。

この五つの色は「五色旗」、いわゆる森羅万象(全ての物は木、火、土、金、水の五つから成り立っている)を意味し、おめでたい色として置き換えられたと言われております。

また中央の青饅(三重あん)は中央から黒餡は大地、抹茶餡(緑)は草や木、紅餡は花というように繁栄を表しております。